4年生ブログリレー #16 水上聖

明日はファイナル4。とうとう負けたら終わりのところまで来た。本当にここまで長かったし辛かった。

自分の4年間を振り返ると本当に長かった。

自分たちが1年生の頃の4年生はとてもカッコよく、関西を倒すという目標に向かってチーム全員が主体的に動いている気がした。その人たちは「俺たちは本気で関西を倒すのを目指している」というようなことを話していて 、そんな風に大学生活で人生賭けて何かをやってきたとを誇りを持って話せる先輩達に憧れ、サークルで適当に過ごそうとしていたのを辞めて、ラクロス部に入部して日本一を目指すことを決めた。今なら俺ラクロス部について熱く誇りを持って語れます。何時間でも。聞きたい人がいれば後日自分のところまで聞きにきてください。まあでもそれは引退してからで。まだまだ引退する気は無いので。

2年生になってファイナル4で負けた。誰もが勝てると思ってたけど負けた。この時は本当に自分自身チームに貢献できてなくて、ただ練習でも試合でもビビりながら参加し、自分のやりたいプレーとか全然できなくて保守的なプレーばっかして結果足を引っ張り続けていた。そんな自分がすごく嫌だったんだけど現状を変えることが全くできずに終わってしまった。このときはラクロスが本当に嫌いだった。辛かった。

3年生にもなって東海制覇をして、自分達は最強だと思ってた。それでも慶應に負けて、本当に目の前が真っ暗になった。人生で1番悔しい試合だった。それくらい本当に悔しかった。先輩達とラクロスをするのが好きだったから本当に嫌だった。何よりも自分が上手くなる。強くなる感覚があって最高に楽しかった。先輩達には本当にこの段階で夢を見せて貰った。人生を変えて貰った。自分のラクロスへの考え方、人生への考え方をごっそり変えて貰った。

そして4年生になった。このチームの主将となり負けたら引退するところまで来ている。 4年生になって今率直に感じるのは

「今までお世話になったすべての人たちのために勝ちたい。勝たなければならない。」

こんな練習中メンドくさいことばかり言っている俺でもちょっと俺のことをバカにしつつも慕ってくれる後輩がいる。俺のためにって聖さんのこと引退させたくないですって言って頑張ってくれる後輩がいる。聖さんの16番が欲しいって言ってくれる後輩がいる。聖さんみたいなプレーヤーになりたいって言ってる後輩がいる。

自分達にラクロスの楽しさ。ラクロスの深さ。ラクロスの辛さそして生き方を教えてくれた先輩達がいる。いろんないじりをしてくるけどなんだかんだ可愛がってくれている先輩がいる。今でも心配して目をかけてくださる先輩がいる。時にふざけて、でも時には大真面目な最高に尊敬できる先輩達がいる。

自分達はラクロスがそんなに好きでもないのに俺が頑張ってるからといって力を貸してくれる同期がたくさんいる。本当にやる気なくてうざくてキレそうになるときもあるけどそれでも時々しっかりしてていざってなると本気出してくれる同期がいる。別に特段仲良いわけじゃないけど四年感苦楽を共にしてきた最高の同期がいる。

またプレーヤーにはプレーに1番集中できるようにといって日本一のマネジメントをしてくれるスタッフがいる。プレーヤーの頼み事を嫌な顔1つせず叶えてくれる最高のスタッフがいる。

わざわざ土日祝日を削ってまで自分達の勝利なために色々と貢献してくださるコーチがいる。自分達以上にチームの事、チームのオフェンスディフェンスの事を考えてくださる最高のコーチの方々がいる。

俺が今年はチームに全力を注ぐためにバイトもやめて授業も行かずに就活も最悪就労してでもラクロスに集中したいといったらあなたのやりたいことならといってお金を準備してくれ、就活の事も心配だっただろうけど何も言わずに黙って見守ってくれた両親がいる。泣きながらチームの事、自分の事を相談しても相談に乗ってくれた両親がいる。

その他お世話になった方々、迷惑をかけた方々がたくさんいる中で、自分達は勝つことで恩返しをしたい。勝つことが何よりもの恩返しになると思うから。勝つことで道は作られると思うから。

また、後輩達には、瑞穂の景色、港サッカー場の景色を見せることで、恩返しをしたい。一年の時に見た瑞穂での東海制覇の景色。3年の時に実際に立った瑞穂での東海制覇の景色。敗北の港サッカー場の景色。この景色があったからこそ今自分は主将としてこのチームを引っ張ってこれてる。それは絶対に間違いがない。だからあと少し俺について来て欲しい。

そして何よりも。これは少し趣旨とずれるかもしれないけど

最後は自分の為。自分の為に勝つことで恩返しをしたいと思う。ここまで本当に辛かった。この一年は辛いことしかなかった。なんでこんなこともできないの?なんでラクロスに本気になれないの?なんでそんな体調崩すの?なんて思って悩む日々が毎日だった。それでも勝ちたくて。ただ勝ちたくてチームを引っ張り続けてきた。理由なんてない。ラクロスを始めた以上自分は負けず嫌いなのでどうしても勝ちにこだわりたいし誰にも負けたくない。最高の形で引退をしたい。自分が一年生の時に決めたラクロスをやるという選択肢に間違いはなかったという事を勝つことで証明したい。自分が単位もアルバイトもおしゃれな大学生活も留学も全てを諦めて、大学生活の全てを捧げたラクロスで結果を残して引退したい。

明日はファイナル4。 最後に俺の大嫌いな言葉を1つ紹介してこのブログを締めたいと思う。(もちろん異論は認めるしこれは俺個人の意見です。)

「結果よりもそこで得た過程が大事」

もちろん過程は大事なんであろうけどそこで得た過程というのは負けたチームに比べ絶対勝ったチームの方が強く洗練された過程であり、所詮負けたチームが最高の過程だったと言ってもそれは弱者の戯れ言くらいにしか僕には聞こえません。負けたチームは僕からしたらそれだけ勝ったチームに比べ妥協を続けてきたチームであり、勝負の世界というのは否が応でも勝ち負けがつく世界です。

なので

まずはファイナル4。開幕戦引き分けた名大。

まあなにが言いたいかという俺が大活躍してチームを勝たせるので下級生安心してついて来てください。俺が証明します。このチームが強いって事を。

俺らの一年が最高の過程を歩んできたということを勝つことで証明しよう。南山の主将とそれについてきてる部員達が最強ってことを証明しよう。

このチームで1日でも長くラクロスを。

#16 主将 水上聖

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ