4年生ブログリレー #16 水上聖

明日はファイナル4。とうとう負けたら終わりのところまで来た。本当にここまで長かったし辛かった。 自分の4年間を振り返ると本当に長かった。 自分たちが1年生の頃の4年生はとてもカッコよく、関西を倒すという目標に向かってチーム全員が主体的に動いている気がした。その人たちは「俺たちは本気で関西を倒すのを目指している」というようなことを話していて 、そんな風に大学生活で人生賭けて何かをやってきたとを誇りを持って話せる先輩達に憧れ、サークルで適当に過ごそうとしていたのを辞めて、ラクロス部に入部して日本一を目指すことを決めた。今なら俺ラクロス部について熱く誇りを持って語れます。何時間でも。聞きたい人がいれば後日自分のところまで聞きにきてください。まあでもそれは引退してからで。まだまだ引退する気は無いので。 2年生になってファイナル4で負けた。誰もが勝てると思ってたけど負けた。この時は本当に自分自身チームに貢献できてなくて、ただ練習でも試合でもビビりながら参加し、自分のやりたいプレーとか全然できなくて保守的なプレーばっかして結果足を引っ張り続けていた。そんな自分がすごく嫌だったんだけど現状を変えることが全くできずに終わってしまった。このときはラクロスが本当に嫌いだった。辛かった。 3年生にもなって東海制覇をして、自分達は最強だと思ってた。それでも慶應に負けて、本当に目の前が真っ暗になった。人生で1番悔しい試合だった。それくらい本当に悔しかった。先輩達とラクロスをするのが好きだったから本当に嫌だった。何よりも自分が上手くなる。強くなる感覚があって最高に楽しかった。先輩達には本当にこの段階で夢

4年生ブログリレー #4 熊澤優介

この4年間は自分の中で最も誇りあるひとときで思い返せば返すほど本当に幸せでした。 のんびりとした大学生になるという予想とは大幅にずれました。 4年分の想いなんてみんなに比べれば少ないと思いますが、読んでくれると嬉しいです。 年が経っても入部したときの、「ラクロスを楽しくて始めた」は常に持ち続けていました。 間の時期はしんどいときもありましたが、この頃の気持ちを忘れずにきたからここまでこれたと思います。 みんなには本当に感謝の言葉がつきません。 んなこと文字では伝えきれないので、今後何かしら恩返しができたらいいなと思っています。 なんだかんだでこの4年間やってきたこのラクロス生活、とうとう終わりが近づいて来ました。 がんばってこれたのは南山ラクロス部員としてみんなと繋がれたからだと思っています。 いつもアホなことしてるおもしろい後輩もいるし たまにひじりに怒られるけどいっつも楽しくアホな同期もいて かっこいいことが言えるようなラクロス人生は送れなかったけど、本当に楽しく過ごせました。 らくじゃないときも、南山のみんなだから、どんな小さなことでもチームに寄り添って考えることができました。 本気になってラクロスに向かっている姿を見て勇気をもらいました。 当たり前のように時が過ぎていく中で、素敵なみんなに会えたし、たくさん感動できました。 にくたらしくもあったけど、みんなのこと一生尊敬していきます。 楽しく笑顔を目標としてきたことでいろんな人が仲良くしてくれて本当に嬉しかったです。 しかし、とうとう負けたら終わり、勝っても数試合というところまできています。 かなり短い

4年生ブログリレー #6 草野壮希

ブログを書きたくないですが内藤さんから催促のラインが来るので書きます。 山中湖でそれっぽいことは話したし 書いていいような人間ではないので 今思うことと僕が好きな写真を紹介して ざっと四年間を振り返ります。 まず1つ目 一年生を中心とした試合の応援。 今年の応援は4年間で一番すごかったです。応援歌とかを変えたりしたのもあるけど声の大きさも盛り上がりも、 鳥肌が立つ事が何度もあって、開幕戦の一体感は一生忘れることない思い出です。 もう一度味わいたいです。 残りの試合はOBもたくさんくると思うのでまたあの気持ちを味わえると思うとワクワクします。 本当にありがとうございます。 2つ目 マネージャーについて 特別なんも思わなかったし、自分がやる以外スポーツの楽しさはわからないけど、 多くのチームが打倒関東を掲げている中、 新しい事を取り組もうとする姿勢やミーティング、特に試合の時の念密を見ていると 南山のスタッフはかなり他大より優れているなって思います。 きっとプレイヤーはまだまだだけどスタッフは関東レベルに達していると思うので自信持ってください。 特に3マネの責任感的なのがすごい最近伝わってくるからすごいなと思います。 ただみんな優しすぎると思うので、のんちゃんはたまにうざいけどもっとのんちゃんが増えてもいいと思います。 (自分が引退してからにしてください) きっと早慶や東大には超のんちゃん級が5人はいます。それは嫌だけど強くなるとは思います。 3つ目 南山の環境について グランドがエンドレスに使える。社会人がよく来てくれる。そして芝になる。そして外部トレ

4年生ブログリレー #25 宮路龍哉

もうみんな知ってると思うけど、俺は「自分の努力次第で日本一を目指せる」という点に魅力を感じてラクロスを始めた。 そしてそれからの4年間、日本一を目指して死ぬ気で努力してきた。 的なかっこいい事が言えるほど立派なラクロス人生は送れませんでした。 なので同期のような上手な文章は書けないけど、暇つぶしに読んでみてください。 先日ファイナル4進出を決めました。 自分は去年もベンチメンバーでしたが、先輩が上手すぎて、全然出場できませんでした。 今年は全試合出てるけど、特に目立つ事はなく、同期や後輩の活躍に助けられています。 なので、大活躍中の♯81はスゴイなと思ってます。 最初に言った通り、 日本一に向けて頑張りきれず、下手くそな自分だけどそれでも、上手いです!って褒めてくれたり、引退して欲しくないです!って言ってくれる後輩もちょっとだけいます。 自分が下級生の頃、上手くて優しい先輩ばっかで引退して欲しくないって思える先輩がたくさんいました。 そんな先輩とラクロスするのは楽しくて、自分の心の支えであり、ラクロスを続ける理由でもありました。 なので自分もそんな優しい先輩みたいな存在になりたいと思ってます。 なので、同期や先輩みたいにプレーで魅せることができるか分かんないけど、とりあえずはまあ次の名大戦がんばります。 開幕戦では、油断してたら一回抜かれて失点しちゃったので次は頑張って止めます。負けたら引退しちゃうんで、応援お願いします。 #25 宮路龍哉

4年生ブログリレー TR 須田菜子

私は4年生になるまで、チーム自体の強さに甘えていた。 チーム自体が強かったから、自分も常に努力している錯覚に陥っていた。 頑張っている周りに付いていくことで、自分も何かをやり遂げた気になっていた。 そのことに気が付いたのが、去年14世代が慶應に負けた瞬間だった。あの試合が終わって笛が鳴った瞬間に、あぁ、自分って何も無い、これからどうしようと、新チームへの不安でいっぱいになった。 それまで見て見ぬ振りをしていた自分への甘えが見に染みて、その時涙が出た。 そんな状態で迎えた18南山。 学年ミーティングを重ね、目標が打倒関東になった。 やる前から何でも出来る気がしてしまうのが私の良い癖であり、悪い癖であり… 今年、同期と後輩と絶対に駒陸に行きたい、打倒関東したいって強く思った。自分の気持ちやモチベもぐんぐん上がって、やってやろう!と意気込んでいた。 でも、あの最強の14世代が引退し、そして今までの私を見てきた後輩たちにとって新チームへの不安はたくさんあったと思う。 後輩の気持ちを知らないまま私だけ気持ちが上がって『やるぞ!』と言っても、付いていこうと思えないのは当たり前だと思う。 今年は特に、TRの後輩にはたくさん迷惑をかけました。かなり頼りないリーダーだったよね。ごめんね。 みんなに多くを求めたくせに、リーダーの私自身がTRの後輩を信頼できていなかったことがたくさんありました。どうしてもっと協力してくれないのと、みんなを責めてしまった時期までありました。 でもみんなと1人ずつ改めて話してみると、私の想像を遥かに超えてそれぞれチームに対して想いを持って、悩みながらも取り

4年生ブログリレー #34 相川泰輝

1on1苦手って言ってるやつだいたい俺、 どうも相川です。 ついに回ってきました、ブログリレー。 この四年間を振り返って、まず家族に感謝です。 親には週5日始発の時間に駅まで送ってもらい、兄にはクロスを編んでもらい、ほんとに感謝しています。 入部を決めたきっかけも、兄のラクロスの試合での格好いい姿でした。 その試合のMVPインタビューではめちゃくちゃ滑ってましたが(笑) あれから4年も経つんだなって。 家族に対してはここまでにしときます。 ここまで続けた僕ですが、新人戦が終わったときは本気でやめたかったです。 それでも同期が止めてくれて、ここまでやってこれました、ありがとう 四年間続けてきて良かったなと思うことは、ラクロスでこんなプレーが出来たとかではなく、この部活の一員としてみんなと繋がれたことです。 みんな部活の写真ばっかりなので、オフショットを貼っておきます。 (プレーしてる写真ほぼない笑) 今日の岐阜大学戦絶対勝ちましょう! 明日からまた、同期の熱い話が聞けると思うので楽しみにしていてください。 #34 相川泰輝

4年生ブログリレー #26 山内将太

友達が欲しいといういかにもコミュ症な理由で入部したラクロス部も四年間でたくさんの友達(?)ができた。 自分は、南山のラクロス部だけではなく、色々な大学、そして大人の方々とも交流させていただき本当に有意義な時間を過ごすことができた。 学連関係の方々には本当に頭が上がりません。 ありがとうございました。これからも仲良くしてください。(笑) 3年生の方々は自チームよりも仲良いと(勝手に)思っているので遊んでください(笑) 今後も何かしら恩返しできたらいいなと思っています。 そしてラクロスを始めることを許してくれた両親には感謝が尽きない。 口では言いにくいですが、本当にありがとうございました。 特に今年はわがままを言ってすみませんでした。(途中でヤバい病気にもかかったし、、) これからはちゃんと親孝行するのでよろしくお願いします。 自分もみんなと同じように4年間を振り返ってみると、4年生が1番大変で、1番濃い時間だったと思う。 特に今年は、プレイヤーとしても、それ以外でも「責任」という言葉が常に頭の中にあった。 自分のポジションはFOというポジションだが、自分のプレー次第で本当に負けに直結することを痛感した。正直7月までは本当に試合に出たくなかった。 チームにも多大なるご迷惑を掛けてしまい、俺何やってんだろうと家のトイレで数時間悩んでいたことも何回もあった。 それでも、自分しか4年生のFOがいないし、自分がいなくなったらもっと迷惑かけるし、同期はみんな頑張っているのに自分が逃げ出してはいけないと思ってなんとか思い留まることができたと思う。 あとこの時期にローソン飲み(詳しいこと

4年生ブログリレー MG 門田純奈

こんにちは、4年MGの門田純奈です。 毎年楽しみにしていた4年生のブログリレー、自分が書く番になったなんて本当に信じられません。 恐縮ながら私も自分の4年間について振り返えさせて頂きます。。。 お暇があれば読んでみてください。笑 1年生の頃、全国を目指しているラクロス部に憧れてこのチームに入ることを決心しました。私にとって12世代の存在はとても大きく、いつもキラキラしていた4年生を見て、このチームの一員になれたことがすごく嬉しかったのを覚えています。じゅんさんやだいきさんや4年生には部活の組織のこと、日本一を目指すということ、色んなお話をたくさん聞いて1年生ながらにとてもワクワクし、毎日がすごく楽しく、キラキラしていました。 特にひかりさん、いつも私たちの近くで色んなことを語ってくれて教えてくれて、優しさと厳しさを持ち、時にはチームを支え、時にはチームを引っ張って行くひかりさんを近くで見させてもらい、ひかりさんのようなスタッフになりたいという気持ちは4年間ずっと今も変わりません。ひかりさんを追い抜きたいという気持ちでずっとやってきました。 2年、3年になると自分の気持ちの変化もあり、いつのまにかただ先輩についていく後輩の1人になっていました。 色んなことが見えてきて、逆に見えなくなって、この部活の魅力もわからなくなり、周りの人達にはたくさん迷惑をかけました。 1個上のあすかさん、みことさんにはすごく迷惑をかけました。それでも気にかけてくれた先輩、同期、後輩には本当に感謝しています。 4年生になってからは、3年生までとまた違った「責任感」が出て来るようになりました。 先輩達

4年生ブログリレー #69 平野明大

朝の日差しを浴びて目を覚まし、慌ただしく登校の準備をしている弟を横目に朝食を摂る今日この頃。 味わう解放感とほんの少しの喪失感。 思えば、1年生の12月に入部してこの3年間のほとんど太陽より早く起きてきた。 ここまでやれたのは両親の支えがあってこそだなと今になって感謝している。 まずは飼沼1年間お疲れ様! 多大なるご迷惑お許しを、、、 また飲みに行こう! 僕は熊澤くんを目標にプレーをしてきた。 到底追い付けないけど、素晴らしいお手本が身近にいたから。 このめちゃくちゃ運動能力の高いゲーマーに何度も1on1のアドバイスを求めた。 まだ言ってなかったっけ? あの時はありがとうね熊澤くん。 1on1で苦戦している2年MFを見ていると2年前の自分を見ているかのようで、この1年は2年のMFとコミュニケーションをとることが多かった。 正確な答えじゃなくていいから自分の答えを見つけてください。 引退を惜しんでくれた後輩たちありがとう。 嬉しかったよ涙 この頃の気持ちを忘れずに。 またいつか... #69 平野明大

4年生ブログリレー #32 中川稜介

リーグ戦も残すところ1試合になり、刻々と引退が近づいてきた。 もう朝早く起きなくていい事を嬉しく思うと同時に、ほぼ毎日顔を合わせていた同期や後輩の顔を見る機会が少なくなるのを寂しく感じる。 ふと自分の4年間のラクロス人生を振り返ってみると、どうだったのだろうか? 全力で走り続けてこれたのか? 後悔はないのか? 最近そんな事を考える。 振り返れば自分のラクロス人生は後悔ばかりだし、立ち止まってばかりだった。 だから、後輩達には一生懸命走り続けて、後悔なく、残りのラクロス生活を歩んでほしい。 後悔ばかりの4年間のラクロス生活にも誇りに思うことがある。 それは、南山男子ラクロス部の一員であること。 めちゃくちゃ強くてカッコいい先輩達、周りには頼もしくて生意気な後輩たちがいて、最高の同期がいた。 この4年間は自分の人生で最も誇りあるひとときで、思い返せば思い返すほど本当に幸せだった。きっと、南山でなければラクロスを続けることはなかったと思う。 感謝してもしきれません。 本当にありがとう。 そんな最高な仲間に恵まれたからこそ俺は勝ちたい。 絶対に負けたくない。 少しでも長く続けたい。 まずは岐阜戦。絶対勝とう。 次のfinal4、その次のfinalも絶対負けない。 今年も全日に行こう。  #32 中川 稜介

4年生ブログリレー #20 小倉佑稀

内定式を終えて来ました。小倉です。 卒業できるか不安ですが、それは置いといて。 1年の12月、退屈な日々を送っていた時にラクロス部が全国大会に出場したと耳にしました。 何を思ったのか、友人も1人もいないラクロス部に入ろうと思いました。 高校までずっとサッカーをして来たけれど、全国大会だなんて全く縁がなく、 何かスポーツでそういった結果を残してみたかったのかな。 2年の時、一度集客試合でAのベンチに入れてもらいました。 グラボーをすくい損ねて終了。 その年のリーグ戦は、自分の関係のないところで終了しました。 新しい代になる頃、この年のリーグは必ず出場すると誓いました。 絶対に全日に出場する気がしたから。 自分にとって1番の目標はやっぱりそこだった。一番ラクロスに打ち込んだと思います。 ファイナルで点を取った時の景色、状況は今でも鮮明に覚えています。 点を取って初めて声が出てきた。みんながめちゃくちゃ喜んでくれてた。それが本当に嬉しかった。 さあ慶應と戦おうという2日前、40度近い熱が出てきた。前日の練習も38度を越え、当日も37度後半の熱があった。どうしても試合に出たかったから一部の人以外には言わなかった。 でも結局試合にはほとんど出ることができなかった。 だから自分は全日の舞台っていうのを肌で実際に感じたことはないです。 全日でちゃんと試合に出てたのは俺らの代の一部だけなのかな。 これから全国優勝を目指していく南山でそれはかなり物足りない。俺らは必ず東海制覇をして、全日の舞台に立つ責任がある。 なかなか頼りない15世代だったかもしれないけどここまで一緒に戦って

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square