全日本ラクロス大学選手権大会準決勝結果報告

【全日本ラクロス大学選手権大会準決勝 結果報告】 先日の全日準決勝について結果報告させていただきます。 11月18日、名古屋市港サッカー場にて、全日本ラクロス大学選手権大会準決勝が行われました。 結果は以下の通り、 6-14という結果にて、敗北致しました。 1Q : 1-5 2Q : 4-4 3Q : 0-1 4Q : 1-4 -------------- 南山 6 - 14 慶應 得点者 2点... #28 奥村祐哉(4年・MF) #5 伊藤平(4年・AT) 1点... #6 草野壮希(3年・MF) #4 熊澤優介(3年・MF) 1Qはじめ、南山がポゼッションをとりますが、開始10分までに相手に4点を許します。 開始15分、#28 奥村祐哉(4年・MF)のショットが決まり、1Qを1-5で終えます。 2Qは1Qの課題を修正しながら、#5 伊藤平(4年・AT)が2得点、#4 熊澤優介(3年・MF)、#28 奥村祐哉(4年・MF)が1得点を決め、前半を5-9で折り返します。 3Qは攻防が繰り返され、お互い譲らない展開が続きました。しかし、失点を1点に抑え、5-10にて最終クォーターを迎えました。 4Q、#6 草野壮希(3年・MF)が点を決め流れを奪おうとしますが、関東の壁を打破しきれず、6-14にて試合終了のホイッスルが鳴り響きました。 この結果をもちまして、 17南山の活動は幕を閉じることとなりました。 これまでにない高い目標を掲げ、 あらゆることに挑戦してきたこの1年間。 南山の歴史が大きく

東海学生リーグ決勝戦結果報告

【東海リーグ決勝戦結果報告】 先日の東海リーグ決勝戦の模様を報告させていただきます。 10月29日、小雨の降る中ではありましたが、パロマ瑞穂北陸上競技場にて東海学生リーグ決勝戦が行われました。 結果は以下の通り、11-8にて南山の勝利となり、東海優勝いたしました。 1Q : 4-1 2Q : 3-4 3Q : 2-0 4Q : 2-3 ----------- 南 11 - 8 名 得点者 5点 ... #20 久保田裕也(4年・MF) 2点 ... #28 奥村祐哉(4年・MF)、 #5 伊藤平(4年・AT) 1点 ... #3 酒井宏輔(4年・AT)、 #27 小倉佑稀(3年・MF) 1Qは、この試合のMVPとなった#20 久保田裕也(4年・MF)が先制点を決め、流れに乗ったまま、#27 小倉佑稀(3年・MF)らが点を重ねて、このQを4-1で終えます。 2Qでは1点差にまで名古屋大学に詰め寄られますが、#5 伊藤平(4年・AT)や#28 奥村祐哉(4年・MF)のショットが決まり、最終的には7-5で前半を折り返しました。 後半、#16 前田裕也 (4年・DF)を中心に、 冷静なDFで3Qを無失点で終え、9-5と点差を広げます。 4Qもスタンドの皆様の熱気を背に、部員全員が最後まで強い気持ちで戦い抜き、11-8で試合終了となりました。 試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、安堵と喜びで胸がいっぱいになると同時に、関東代表と戦う次戦を想像し、身が引き締まる思いも感じました。 17南山は今年、東海制覇をあくまで通過点と位置づけています。 目

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square