4年生ブログリレー 主将#16 前田裕也

東海ファイナルまであと1日。 気付けばここまでやってきた。 ちょうど一年前、新チームがスタートして、自分達の代の目標をどうするか、どんなチームにしていくかを同期と毎日のようにミーティングしていたのが、つい最近のことのように感じる。 『継続して強い南山の土台を作る』 これが今年一年、俺たちが決めて、俺が主将として、一番に考えてきたことだった。 そのために今年、何が必要なのか。自分なりにいろいろと考えた。 必ず結果を出す。 これが自分の答えだった。 もちろん結果が全てではなく、その過程が大事だということは分かっている。 まだ目標を成し遂げていない今でも、みんなの成長を感じるし、今年の取り組みに意味はあったと思える。 それでも、今年は結果にこだわりたい。 4年生として、最後は勝って、同期と最高の形で引退したい。もちろんそういう想いもある。 でもそれと同じくらい、ファイナルで勝った瞬間の喜び、全日に出場する緊張感とワクワク感、そして今年はそこで関東に勝ち、駒陸に立つ喜びを、後輩達に感じてほしいという想いがある。 俺は2年前、先輩達と一緒に全国の舞台に立てたことが、今まで努力してこられたモチベーションになっていた。 部活動をしていれば、辛いこともたくさんあると思う。 俺だってこの4年間、悔しい思いをたくさんしてきたし、自分でもひくほど泣いたこともあった。 だけど、そんなの全部乗り越えられるぐらい、 一昨年感じた想いをもう一度味わいたい。 そして、さらに上の舞台へ進んでみたい。 この想いが強くある。 それほどまでに、俺にとって一昨年の経験は最高だった。 だから今年、後輩達にもこの想いを感じ

4年生ブログリレー 副主将#3 酒井宏輔

2014年4月。当時三年生の沼田さんにあらゆることを騙されながらラクロス部に入部し、 ついにここまできた。 唯一、「実際名大に勝てれば全国行けるから」という言葉だけは現実となり ついに今週、名大とのファイナルをむかえる。 当然ながら俺だってこの4年間、本当につらいことが多かった。 特にこの一年は1番悩むことが多かった。 車のラジオで流れてきたなんてことない邦楽を聞きながら、自然と涙が出てくることもあった。 親父に部活の相談をしたことなんて、今までなかった。 でもそんな笑いあり涙ありの自分史を語ること以上に、 チームの副主将として みんなに伝えたいこと。 俺は、今いる部員78人全員で勝ちたいと強く思っている。全員が戦力だと本気で思っている。 プレーで貢献できないから。 メンバーじゃないから。 そんなことで卑屈にならなくていい。 なにか特別なことを無理にしなくてもいい。 とにかく毎日一生懸命ラクロスをする。 それだけで十分チームに貢献してると思う。 自分の学年が上がるに連れて、そして上に立つ立場になるに連れて、 何よりもみんながラクロス部を大好きになってほしい。そんな想いが強くなった。 辞めていく部員に対して、全力で引き止め、そして全力で悔しがる自分がいた。 チームの副主将になったとき、 自分になにができるのかと自問自答を繰り返し、導いた答えは、 とにかくみんなが楽しく毎朝グラウンドに来てくれるように努力することだった。 圧倒的な技術があるわけでもないし、 リーダーシップがあるわけでもない。 でも、みんなの前でふざけてみたり、後輩を茶化して見たり、馬鹿みたいにあーちゃんの真似したり

4年生ブログリレー TR 山本明日香

新チームになったとき、 駒沢に立って日本一になるには? 自分だからこそ出来ることは? ひたすら考えた結果、 「本気で審判活動に取り組み、『ゼブラ賞』を取ることで結果を残す」と決めた。 その想いでこの1年間審判に力をいれた。 「男子競技で女子がゼブラ賞なんて」 「まともにファールも取れないのに」 何度も言われたけど、そんな言葉で諦められるほど安易な決意ではなかった。 それでも何回も辞めようと思った。 ファールが取れないたびに、罵声を浴びるたびに、プレーについていけないたびに。 「自分はプレーしていないから」「男子の体力についていけるわけがないから」 上手く逃げ道を作って、結果自分から何度も逃げた。 それでもやっぱり諦めきれなかった理由は、 「皆と日本一になりたいから」。 ここで諦めたら自分は日本一に何も貢献出来なかったと後悔する。 そう考えたら怖いものなんて無くなった。 練習や練習試合で失敗したら 厳しく指摘するプレーヤーもいたら、「気にするな」と励ましてくれるプレーヤーもいた。 ファールを質問しに来るスタッフもいたら、審判をやりたいというスタッフもいた。 みこっちゃんがリーダーとしてスタッフをまとめてくれ、 他のスタッフが審判で練習を抜ける私の分もマネジメントをしてくれ、 プレーヤーがひたむきに努力し、結果を残してくれ、 皆の姿を見て「逃げてなんかいられない」と思って、私も審判としてやり切ろうと思えた。 それでも私が審判を始めたのは遅すぎた。 チームに何か残せたのかは明確には分からないけど この1年間吹き続けたことで、後輩スタッフたちが 「審判やってみたい」と言って、審判講習会

4年生ブログリレー #5 伊藤平

ラクロス部には、一年生の頃ふらーっと入った教室にたまたま体育で一緒だったカシアス前田に会い、ラクロスを知りなんとなく入部しました。 ボックスにパスを投げれた時。難しいボールをキャッチできた時。ゴールを決めた時。 最高に楽しく、毎練習ワクワクしてました。 家でもイスにダッジをかけたり、動画みたり、日本代表の選手とかも覚えたり、、 ずっとラクロスのことを考え、夢中でした。 それは4年になった今でも変わらず、まだまだこのチームでラクロスをしたいなと思っています。 特に同期とやってきたサマーリーグ、ユース交流戦、新人戦、あすなろやリーグを共に戦ってきて毎試合活躍する同期に誇らしさを感じていました。 そして誇らしさを感じると同時に 自分達なら成し遂げられる。本気でそう思いました。 今年の高い目標に本気で挑む覚悟を決めれたのもこの同期がいたからだと思っています。 今年この目標に挑んで一年。自分には感謝をする人がたくさんいる。 この感謝っていうのも自分のモチベーションというか原動力というか。強く自分を動かしている。 こうやって四年間ラクロスを続けてさせてくれている親。 これまでの南山の土台を作ってくれ、自分にとって憧れでいまでもずっとお世話になっている偉大な先輩、OBの方々。 今年、高い目標が故にきついことをいって辛い思いをさせたかもしれない。それでも必死に自分達についてきてくれている後輩。 一年の時から言い表せないくらいの時間を過ごしてきた同期。 本当に本当に助けられているし、感謝している。 やっぱりこの思いはあと2戦。 結果で感謝を伝えたいし、なによりもこのチームで勝ちたい。 東海fin

4年生ブログリレー #10 前田條次

先日寝坊して頭を丸めたカシアス前田こと前田條次です。 僕は今ベンチにも入れずBチームでの活動しかしていません。 後輩たちはなんでこの人ラクロス続けてるんだろう、どんなモチベーションでやってんだろうとか思われているかもしれません。 なぜ僕がここまで続けてこられたのかの話をしたいと思います。 僕は四年間ずっとラクロスから逃げ続けできました。 最初に入った理由も就活に有利になるだろうと思い入りました。 つまりラクロスじゃなくても良かったんです。 最初の頃はやったことないスポーツが新鮮で楽しかったんですが、目標が高くなるに連れて周りとの温度差を感じ始めてどんどん熱が冷めていき、今年の3月には部活をやめました。 やめていた時は解放感もありましたが、ほとんどが虚しさと寂しさしかありませんでした。 いままで一緒にやってきた同期や後輩たちとの関係を断ち切ることがこれほど辛いのかと、そしてそれを乗り越えて残りの一年過ごせるのかと。 学校で会ったりしたら気まずいなとかも考えました。いままで部活やめてきた人たちすごいなとか思ったりもして、、 同期からの連絡も全て無視して、みこってぃからはガチギレされて、それでも無視し続けました。 そんな僕がなぜこのチームに戻ってこれたのかというと 素晴らしい仲間がいたからです。 わざわざ僕の家まで説得しに来てくれたんです。ファミレスまで拉致られてみんなの思いを聞いて、半ば強引に練習へ行くことを決意しました。今考えると本当にありがたいことです。 そして練習に戻った初日、僕を迎え入れるみんなの顔を見て自分がこんなに必要とされていたのかを実感すると同時に、やめるという行為

4年生ブログリレー #28 奥村裕哉

最近、内定先を辞退し留学を決意した奥村です。 留学の内容はまだまだ詳しくは決まっていませんが、とりあえずは今回の決断を至るにあたって背中を押してくれた家族や相談に乗ってくださっている先輩方、今までラクロスを通じてお世話になった方々には本当に感謝しています。もちろん、1番近くで1番長く1番一緒にラクロスをしてきた南山大学ラクロス部のチームメイトのみんなにも。 未熟者ですが、これからも今までと変わらず応援して頂けるとありがたく思います。 さて、ではなぜ留学をするのか。 もちろん、ラクロスがまだまだ上手くなりたいから。 フル代表になって、世界一を本気で取りに行ける人間になりたい。 自分の最大値はこんな所じゃない。 そう思い続ける限り、ラクロスにおいてもその他のことにおいても挑戦し続けられる人間だと思う。 思えば学生時代、大きな事ばかり言ってきた。 1年生の頃は リーグ戦に出場したい。 2年生の頃は U22日本代表になりたい。 フル代表になりたい。 3年生の頃は チームで日本一を目指したい。 本気でなれると思っていた。 そして、ほとんどはリアルになっている。 今でもまだ夢の途中にある目標だってあるけれど、必ず目指したものは手に入れる。 なにより、目指す過程がたまらん。 夢を思い描きながら努力する過程ほどワクワクするものはないと思う。 どれだけ「流石に無理だろ」 と周りから言われても、思われても 夢を本気で追い続けられる人間にしか挑戦権は与えられない。 みんなは今年1年間、どれだけ本気で駒沢に立つ夢を見ながらラクロス出来ただろう。 港で関東を倒す瞬間をどれだけリアルに思い描いて努力した?

4年生ブログリレー #0 松波大樹

この3年半、ラクロス部での生活で自分の価値観が大きく変わり多くのことを学んだ。 自分にとって 初めてのチームスポーツで、全てが新しい体験で自分の大学生活は充実してたと思う。 でも、下手すぎて自分に情けなくなったり、自分は必要とされているのかと思い部活に後ろめたさを感じる時もあった。何度も辞めたくなった。でも、特別な理由もないのに辞めるのはなんかダサいなーて事でずっと続けていた。 自分は新チームスタート時、DF三枚目に入るっていう目標があった。そのために、苦手な逆手も練習したり、家用のロングで素振りした。それでも結果的になれなかった。 すごい悔しかった今でも悔しい。 でも今思うと自分に甘えていた。 就活で忙しい時とかゼミの課題が大変な時は新チームスタート時の頑張りはなかった。 環境のせいにして自分はここまでだと決めつけて自分の可能性を潰していた 楽しい時頑張れるの当たり前だけど、辛い時とか目標を失った時に自分は逃げていた。 結局、どんだけ自分で完璧だと思っても何からし問題は出てくる、そこにどれだけ本気で向き合えるかが大事だと思う。 そこの部分で自分は我慢できずに自分のラクロスの課題から目をそらし続けてきた。 自分のラクロス生活はほとんどが苦しい事ばっかだった。でも悔いはない勉強とかアルバイトでは学べいないことをたくさん持てた。そんなラクロス生活に関わってくれた多くの方々に感謝したい。 だから自分の力は微々たるものだけもチームのため全力で戦いたい! まずは東海制覇! 絶対勝とう!!

4年生ブログリレー #1 野崎晃輔

突然ですが、僕には二つの夢があります。 一つ目、「得点」 ゴーリーを始めた日から僕はBrettQueenerという"クレイジー"なゴーリーになりたくて努力してきました。 なにが"クレイジー"というと彼は得点を決めます。 キーパーであるゴーリーが点を決めれるのが僕にとってラクロスのゴーリーの最大の魅力です。 本当に最高です。 なんで点とれるのかなー?って考えると、めちゃくちゃ足が速くてクロスワークがあるからです。 僕はどうしても彼みたいな威力のあるゴーリーになりたかった。 なのでショートでシュー練したり、クロスを振り回したり、二年生の時には組織練のクリアをランでしか上げてはいけないという縛りプレーやクロスパスのビハインド縛りなど色々やりました。 ※ご迷惑をかけた方は本当に申し訳ありません。 そのおかげでクロスワークは身に付き、足もそこそこ速かったので理想像にどんどん近付きました。 四年生になってからはミニゲームで得点を決めたり、ある程度ならどこからどんな体勢でも投げれるほどになりました。 でもまだ試合で点とってないです。 取りたいなあー 取ったら気持ちいいだろうな 取ったらクリスティアーノロナウドのゴールパフォーマンスをすると決めてます。 どっかテンマンしてくれないかなー 二つ目、「優勝」 僕は一番になる経験がしたくってラクロスを始めました。高校までは部活でも勉強でも一番になったことはありませんでした。 だからこの優勝するという夢はラクロスを始めた意味でもありました。 なので優勝すること、勝つことが僕の夢であり目標です。 今日まで僕はこの14世代と共に新人戦やつま恋など色々な大会

4年生ブログリレー #20 久保田裕也

気づけばあと数ヶ月というところまできました。 本当にあっという間だった4年間。 この4年間を振り返ると大体が辛い思い出の方が多かったなって思います。辛い経験ばかり書いてもキリがないので自分の中で特に心に残っている嬉しかった経験を書きたいと思います。 1つ目は 新人戦優勝。 同期だけで戦う大会で優勝した瞬間。 生まれて初めて嬉し泣きをしたのは一生忘れることはないと思います。 ラクロスを始めて本当に良かったと思えました。 2つ目は 2年生の頃の東海制覇。 自分自身は特に活躍はできなかったけれど、先輩方に見せてもらった東海制覇の瞬間。 泣きながら喜ぶ先輩達を見て、2年後自分たちの代でも東海制覇したいと強く思うようになりました。 いままで自分が続けてこれたのは、先輩、後輩、同期に恵まれたというのが大きいですが、この2つの経験があったからというのもあると思います。 部活を辞めたいと思う時も何度かありましたが、あの感覚をもう一度味わいたいという思いで踏みとどまってきたのかなって思います。 だから、 1年生には新人戦は絶対に優勝してほしいと思っています。悔いのないように頑張ってください。多分応援に行きます。 2年前、先輩に見せてもらった景色、それ以上の景色を、今度は自分が後輩達に見せたいと思います。 そして、引退までの今の願いは 笑って引退することです。 辛い事ばかりだった4年間、最後はいい思い出で終わらせたい。だから、全日決勝の舞台で、最高の笑顔で校歌を歌いたいです。それが自分の願いであり、今まで応援して、支えてくださった方達への1番の恩返しだと思います。 最後に 今年のリーグは全然点取れ

4年生ブログリレー #99 佐藤大雅

来週は東海制覇。来月には打倒関東。 気づけばここまで来た。 俺の4年間、 ユース交流戦で関学に負けたとき。 あすなろで負けたとき。 ユース選手権で他地区に通用しなかったとき。 二年前リーグ中Bに落ちたとき。 宝ヶ池でスタンドで泣いたとき。 ベンチでファイナル4敗退したとき。 思い返したら悔しいことだらけで、 嬉しかったことなんて本当に数える程しかない。 でも、二年前のリーグ中、コパン合宿で12世代がリーグにかける想い、同期への想いを泣きながら語ってくれたとき、 「同期とラクロスをし続けたい」 自分の想いに気づいて、この日からはこのためだけにラクロス続けてきた。 本音を言うと、南山の歴史を変えるとか、尊敬されるチームとか勿論大事だけど、俺が勝ちたい一番の理由は、 「いつまでもこの仲間とラクロスをしたいから。」 チームが目標に向かって一つになってるこの最高の瞬間を、できるだけ長く続けるために勝ち続けたい。 勝った先にある最高の景色をみんなで見たい。必死に俺たちについて来てくれる後輩達に見せてあげたい。 毎朝練習前に円になって黙想する時、みんなは何をイメージしてる?俺は黙想を始めた日から、ずっとイメージしてきたことがある。 瑞穂で東海制覇する瞬間。 港で打倒関東を達成した瞬間。 駒沢で日本一になる瞬間。 本当に毎朝毎朝イメージしてきた。 そしてまずは来週、東海制覇。 俺には勝利の瞬間、 DFの皆んなと抱き合って、 ベンチでメンバーが喜んで、 スタンドでチームメイトが盛り上がって、 クラークが勝利校インタビューで面白くない話をする。 その瞬間まで確実にイメージ出来てる。 俺めちゃくちゃ

4年生ブログリレー MG 尾崎美琴

あっという間に4年目のリーグ。 何をやるにも『最後』という言葉が付いて回るようになってしまいました。 ほぼ毎日、炎天下でも大雨でも雪でも通ったあのグラウンドに足を運ばなくなる日が、あと2ヶ月で来てしまうなんて、本当に信じられません。 私は、基本的に物事に対してドライです。 執着心もあまりなく、マイペースな人間です。 そんな私が、ラクロス部に入部して、喜怒哀楽溢れた、ブログでは伝りきらないぐらいの濃すぎるぐらいの毎日を送っています。 自分の代だけで勝てたことが本当に本当に嬉しくて、同期が誇らしくてかっこよくて、涙が止まらなかった、初めて全国への切符を手にした1年生の冬。 理想の姿と現実のギャップから、なぜこんなに出来損ないなのかと悩み、腐って、本気で部活をやめようと思った2年生の冬。 自分の無力さを知って、16南山最後の試合の時に、同期の明日香と、一年後、必ず駒沢でリベンジするんだと約束を立てた3年生の夏。 どの学年だった時よりも考えて、正しい道はどれかと悩んで、でもその分、喜びや嬉しさも大きくて、まだまだ終わりたくない、と心から願う4年生。 どれも忘れられず、大切で、今の自分には欠かせないものとなっています。 こんな4年間を過ごすと、ドライで執着心の薄い人間だった私も変わるもので、今では涙腺も、特に試合の時には、ゆるゆるになってしまいました。笑 それはきっとチームのみんながいたからで、私一人では絶対に成し得ない変化でした。 スタッフ。 4マネが2人と少ない分、みんなの助けをもらわなければ、ここまでこれませんでした。 高い目標

4年生ブログリレー #81 鈴木大晴

リーグに懸ける想い 4年LMFの鈴木大晴です。 おそらく最後のブログですが、文章書くの苦手すぎてちゃんと伝えられるかわかりません笑 今はファイナルに進出できて本当に安心しています。 リーグとは段違いの緊張感があり、負けたら終わりのプレッシャーであんなに体が重くなるとは思ってもなかったです。 ここから先は自分にとっては未知の領域です。一昨年の15南山の先輩方は東海優勝、全日ベスト4という偉大な成績を残されましたが、自分はベンチで応援していました。 目の前に尊敬する先輩や同期が戦うフィールドがあるのに、実力不足で応援でしか一緒に戦うことができないという不甲斐ない思いをしました。 優勝は嬉しかったものの、本心では素直に喜べない自分もいて、メダルを頂いても納得はできずにいました。 そして昨年の16南山では、試合に出て納得のいくメダルをもらいたかったにも関わらず、大したプレーもできず、お世話になった先輩たちの力になれることなくファイナル4敗退。 なので自分は未だに瑞穂での決勝、全日でプレーはしていません。チームの力になれたと胸張って言えるとも思えません。 だからこそこの先が本当に楽しみであり、もっと上達しなきゃと焦ってもいます。 去年や昨年のように、チームの力になれなかったって思ったまま負けるのはもう嫌だし、勝って笑顔で引退したい! 今まで後悔した分、残りの期間やれることは全部やって試合を楽しめるように万全の準備したいと思います! 全日決勝出場必ず達成しよう! 応援よろしくお願いいたします! 10/29(日)FO10:15〜 v

4年生ブログリレー #61 桜井宏徳

はじめまして。四年のサックです。 自分は3年生の去年までほとんどをBチームとして過ごしてきたため、リーグ戦等の試合に出場した経験がありません。去年はリーグ戦前にBチームに落ちました。ラクロスに対する気持ちの浮き沈みや自分の実力不足があったのは事実です。最上級生となる今年は一プレーヤーとして試合のグランドに立ちたいという想いを強く持っていたため、とにかく上手くなろうと去年はBチームの練習を取り組みました。今となってはBチームで経験が積めて良かったと思っています。Bは自分と見つめ合い、自分に足りない物は何かを考えて長所や苦手を克服できる場所です。何か目的を持ってやれば上手くなるきっかけはたくさんあると思います。でも、それを行動に起こせるかは自分次第。自分はできなかったので、後輩たちにはBで腐ることなく頑張ってほしいです。 自分は今年の春先に怪我をしてしまい、チームを離脱してしまいました。この経験が一番辛かったです。 当時は日常生活も辛く、酷い時は壁当てすらも長く続けれないことや電車で座ってるだけで痛い時期もありました。今後ラクロスができるのかという不安で押し潰されそうになりました。自分自身の能力を向上させる期間にケガをしてしまったことや周りに迷惑をかけた自分が本当に情けないです。学生生活最期の上南戦や遠征等も自分はプレーすることなくベンチで応援する形で終わってしまいました。試合に勝利して嬉しい自分と何もできず素直に喜べない自分と複雑な気持ちでした。 怪我してる期間で感じたことは当たり前にプレーができることがどれだけありがたいかということと、ラクロスに対して楽しさ・おもしろさという価

4年生ブログリレー #92 川瀬公太

1x5mの芝マットを前FOの柴田智隼さんから購入してもらうところから僕の2017年はスタートしました。 この芝マットは、かなりタフで以前のように真っ二つになることはありません。しかも、かなり良い人工芝なので来年は僕が購入しなくても大丈夫そうです。本当に良かった。 もうすぐ僕の学生生活最後の大会が始まります。気づいたらもうこんな時期になってて正直びっくりしています。本当に短かった。 ブログに何を書こうと悩みましたが、僕のいままでのFO人生を思い返してみようと思います。ダラダラと長いので、暇な時に読んでいただけると幸いです。 僕がFOを始めたのは1年の冬でした。その時の僕は、目立たない&下手くそな選手で(今もですが...)、正直ラクロスが楽しくありませんでした。それでもバカ正直な僕は毎日きつい思いしながら早起きして、"ただ"練習していました。 「このままBチームで4年間終わるんだなぁ」「俺ラクロス部に入って正解やったんかなぁ」と思っていたころ、転機が訪れました。ある日、僕の師匠である中村祐一郎さんがFOしているところをみました。その頃、FOには興味ありませんでしたが、こう思いました。「ゆういちろうさんと同じ体型の僕でもFOできるんじゃないか」と。(失礼ですね) そういったフワッとした理由でFOを始めました。 しかし、現実は甘くありません。全く勝てない日々を送りました。どれだけやっても勝てない、同期にはユースでもFOやっていた平もいる。このまま試合に出られないかもしれない。 「やっぱ、FOもダメなのか....」毎日そんな思いでいっぱいでした。それでも悔しさからでしょうか、不器用ながら

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square