4年生ブログリレー #31浅井佑太

気づけばブログを書く時がきていた。 4年になってから時間が経つのは速かったと思う。

最後のつま恋、最後の新歓、最後の山中湖合宿、最後のリーグ戦…来年にもある毎年恒例というようなイベントは少しずつ、あっという間に、終わっていく。 すでに全学決勝までも日数は少ない。

これだけ時間が経っても、リーグでもこれといった活躍はできていないし、まだ何も残していない。 後輩は上手いやつが多いし、俺に残せるものといっても技術とかそういうものじゃない。

あるとしたらセンスのあるハーパンとかTシャツぐらいかもしれない。

あ、とりっぴーさんにもらったやつはけんしゅーにあげる。

防具とかも俺の匂いが好きそうな吉田とか白木にあげようかな。

話は変わるが、ラクロスはすごい面白いスポーツだと思う。

ディフェンスで止めた時や相手のボールを落とした時も、オフェンスでショット決めたりいいパス出せた時も、めっちゃいいグラボーできた時も、楽しいってなる。 他のスポーツにある楽しい瞬間を兼ね備えている。

あと、棒であんなに叩かれるようなスポーツもない。

色々な楽しさがこのラクロスにはあった。

4年間週5で部活をやってきて、さぼった時もあったし、やめたいと思う時もあった。大学では好きなことしたいって考えていたし、遊ぶ友達が羨ましかった。

実際サークルとか入ってても楽しそうだなって思う。

でもモチベーションの波とかはどうであれ、バイト中とかに、ラクロスの試合で点を入れてみんなと喜びを分かち合ってる瞬間とかを妄想している時とかが自分にもあった。楽しいラクロスが大好きな時があった。

そしてオフに遊び行ったり、遠征の時にうまい飯食ったり(ほぼラーメン)、ファミリー会したりっていう時間が楽しくて、きつい練習の他にあるこういう時間も大切に感じるから、部活は楽しかった。

そんなことを考えながら引退が近づくにつれ、あるシーンを思い浮かべるようになった。全国大会でみんなで肩を組んで校歌を歌っているというシーン。今のチームなら必ず目標を達成できる。

自分一人では何も残せないかもしれない。

でもこの部活の一員として、オフェンスもディフェンスも東海1のこのチームで、みんなで、南山史上最高の成績を残したい。

勝ちましょう。

#31 浅井佑太

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ