kickoffブログリレー STFリーダー 川瀬咲来


はじめまして。


この度 '21南山でSTFリーダーを務めることとなりました川瀬咲来です。




偉大だった先輩方が引退され、

四六時中ラクロス部のことを考えるようになり、


私たちがどれだけ先輩方に支えられていたのか、

OB OGの皆さんや保護者の方々をはじめとした多くの方に支えられているのか、日々実感しています。


本当にありがとうございます。










さて、


「STFリーダー」とは言っても、正直私は全くリーダーらしくありません。


きっと私のことを知っている先輩方は私がリーダーなんて驚かれたと思います。


同期のプレーヤーも後輩もみんな驚いたのかもしれません。笑




特別


マネジメント能力があるわけでも


人を引っ張っていける程の人望があるわけでも


かといって全体を見渡す力が長けているわけでもないと思います。




それでも


私にSTFリーダーを任せようと思ってくれた同期STFの気持ちになんとか応えられないかと、毎日奮闘しています。


そして


そんな私にも目指したいSTF組織があります。




一年後、


私たちが引退を迎えるとき


私たち同期はもちろん、後輩STFのみんなにも


「南山男子ラクロス部のSTFになってよかった」

「このチームで頑張れてよかった」


と思ってもらえるような



さらに


一人一人がチームに欠かせないピースになれるような



そんな環境をつくっていきたいです。







まだまだ私にはリーダーとして足りないものばかりです。



「ついてきてほしい」


なんてかっこいいことは言えません。


だから


「一緒に闘ってください」




今年、'21STFでは「共闘」をスローガンに掲げました。



2年前のSTFスローガンに掲げて以降


どこか私たちの心に染みついていた言葉です。


プレーヤーとの信頼関係を築き



「プレーヤーと同じ熱量をもってチームを支える」



もちろんそれも大切です。



でも


それと同じくらい


STFそれぞれがお互いを信頼して


これまで以上に結束を強くすることで


「学生日本一を目指すチーム」を支えるSTFとして


全員で一緒に走っていきたいです。









今年から人数が少なくなり、今まで通りにいかないことも多いと思います。


選手のみんなにも助けてもらわないといけないことも増えると思います。



でも不思議と不安はありません。


心強い同期と頼もしい後輩に恵まれているからです。



全員で力を合わせて


「東海一」いや「日本一」のSTFを目指そう。






そして


最後は、立場も学年も関係なく全員で思い切り笑おう。



STFリーダー 川瀬咲来

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事