【kickoffブログリレー‐RISE‐】  副主将 中山達仁


22南山の副主将を務めさせていただく、中山達仁です。宜しくお願い致します。


まず初めに、南山男子ラクロス部を応援してくださるOBOG、保護者、学校関係者の皆様、誠にありがとうございます。




「強い南山を創る」



この理念については、潤が書いてくれてるから割愛して、





僕から部員の皆んなに問いたいことがある。





本当に目標に向けて動くことができているのか、常に向上心を持つことができているか





俺たちは挑戦者だ、そこの現状を見誤ることは許されない、今現状に満足している者が居れば考えを改めて欲しい。





ここで、僕の好きな言葉を紹介します。




「人生、仕事の結果=考え方×熱意×能力」




京セラの社長が言った言葉です。

この3つの要素には各々点数をつけることができます。



熱意、能力は0〜100点


考え方は−100〜100点



考え方の要素のみマイナスから始まっています。ここが一番大事なことで、どれほど熱意が高い、能力が高いと言えど、考え方がマイナスになっていれば結果は酷いものになってしまう。



僕が伝えたいのは上記から分かるように、考え方の重要性です。



物事に対する考え方は物凄く沢山ある。まずは色んな考え方を取り入れて欲しい。色んな人に出会って、色んな話を聞いて知見を広げて欲しい。そんな沢山の考え方に触れた中で自分はどういう考え方をするか、一番難しいことだが、ここにこだわって欲しい。



精神的にもたくさん辛い時期がくると思う、それでもここでの経験は今後の人生の糧になる。




個人的な話になるが、僕は次の学連委員長になる。忙しい、部活に割ける時間が減るよ、とか様々な意見もあるが、後悔はしてない。



それ以上の価値を見出せる考え方を自分の中で持つことができてるから。




話しが逸れたが、考え方で全てが変わる。そんなことを意識しながら部活をしていこう。





つい先日、名大が全学準決勝で慶應と熱い試合をしてくれた。一時は関東を2点差まで追い詰めた。


東海地区はまだまだ上手くなれる、そして南山は地区を代表できるチームになろう。





ラクロス部という環境で目一杯成長しよう、たくさんの困難にぶち当たって、それでも逃げずに考え続けて、前に進むことを諦めなかった先に得られるものを皆んなで見にいこう。


中山達人

最新記事

アーカイブ