top of page

kickoffブログリレー【-BLUE PRIDE- MGリーダー 岡田向日葵】

今年度のMGリーダーを務めさせていただきます、岡田向日葵です。


日頃より南山男子ラクロス部に関わってくださり、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。多くの方が支えてくださっていることに心から感謝いたします。


普段、自分の考えていることを人に伝えるのが得意ではないので、ここで書かせていただこうと思います。 最後にしては拙い文章ですが、読んでいただけたら嬉しいです。








私たちが1年生の時の4年生が引退され、あんな風に私もなりたいと思いつつ、この頃は目の前のことをこなすのに精一杯で、正直仕事ができる同期に焦りを感じると共にどこかで甘えていました。



そんな中4月に後輩が入ってきて、自分が上級になったこと、次年度からは自分達がMGとして最上級生になることへの自覚が芽生え始め、私の部活に対する考え方は大きく変わりました。



私は、MGリーダーといえばこの仕事!というものを定着させていきたいし、1番ベストな状態で練習や試合が進むよう、MGとしてだけでなくスタッフとしてチームに貢献したいと思っています。



また、冒頭で同期に対して焦りを感じていたと書きましたが、もしかしたら周りに焦りを感じている人が他にもいるかもしれないです。でも私から一つ言えることは、誰にでも絶対その人にしかない良さがあるということです。人と"比べる"というのはマイナスのイメージだけど、仲間と"高め合う''というのはプラスのイメージだと思っています。お互いに足りない部分を補い合って良い部分を吸収するだけでいい、ネガティブに捉えなくていい、そう思います。



こんなに偉そうに書いてますが、私もずっと自分の強みが何なのかわからなくて悩んできました。ただ、好きなことからアプローチすれば"人の話を聴くこと"も一種の強みなのかなと思えるようになりました。なので役職とは別に、チームにとって何でも話せる存在でいたいなとも思っています。



自分だけの武器を見つけられたら、最終的にはチームビジョンである"人を尊敬し、自分を尊敬できる人間になる"にもつながると思います。





そして、FINALの日、名大側の観客席がすごく盛り上がっているのを、近くで実況をしながら感じて、何とも言えない気持ちになったし、悔しいと心の底から思ったことは絶対忘れません。




日本一という景色はまだ見たことがないし、どんな感覚なんだろうと思います。でもそれ以上に、このチームでなら絶対勝てる、その景色を見ることができるという自信があります。




強い南山を再興するため、常にラクロスのことを考え、チームのことを考えて行動している皆さんを本当に尊敬していますし、常に挑戦できる環境があることは、とても恵まれているなと感じています。



今まで練習中だけでは自分が見れていなかった、チーム一人一人の努力している姿を見て、気合を感じて、私も日本一を目指すチームにふさわしいMGリーダーでありたいと強く思いました。



一緒に全力で日本一目指しましょう。

闘いましょう。




MGリーダー 岡田向日葵

Comments


最新記事

アーカイブ
bottom of page