Kickoffブログリレー 学年リーダー 三浦敬至

 平素よりお世話になっております。21南山で学年リーダーを務めます。三浦敬至です。コロナによっていろんなものが隔てられ、当たり前にあったものが目に見えて機能しなくなっていく様を見て、改めて毎日ラクロスができていることに幸せを感じています。

  





 

 さて、21南山の目標は「学生日本一」に決定しました。目標に定めている「日本一」を南山ラクロス部は未だかつて達成したことがありません。つまり、チームの誰一人その景色を知らないということです。もしかしたらとてつもなく壮大な目標なのかもしれません。しかし、目標に対するアプローチ次第では達成可能な目標であると考えられます。また、日本一のためには20世代の僕たちの存在はチームにとって必要不可欠なものになると考えています。

 

 今世代、自分は学年リーダーとして、同期を引っ張る存在になる必要があります。練習中はもちろん、練習外でも同期のこと、チームのことを常に考え、目標に対しての逆算をし、それを行動に移す。


 試合は勝たなきゃ意味がない。日本一になって初めて、自分がやってきたことが正しかったのかどうかがわかる。だからこそ今から本番に向けて最高の準備をする。





 同期のみんなへ、技術面では先輩方の足を引っ張るかもしれない。だけど、この世代持ち前の活力で、野心で、最大限にチームに貢献していこう。チームのために、同期のために一人一人が尽力しよう。そして僕がみんなの努力に最大の熱量で応えていく。だからついてきて欲しい。

 逃げたくなること、やめたくなることもあるかもしれない。そんな時は周りを見てほしい。同じ辛さ、同じ痛みを共にする仲間がいる。支えてくれるスタッフがいる。そして応援してくれる人たちがいる。


「日本一になりたい」これは僕がラクロス部に入った理由だ。何がなんでも達成したい。




 「最高の景色を見たい」と言う僕の強烈なエゴにみんなを巻き込んでやろうと考えている。


 僕は技術的にも精神的にもまだまだ未熟で、足りないものが多い。だから、チームと共に自分自身も成長できたらと思っている。


 日本一を決めるまでの時間は長いようで短い。    


 さあ、始めよう。最大限の努力を。





          


学年リーダー 三浦敬至

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事