kickoffブログリレー 副主将小島隆平

21南山の副主将を務める新4年の小島隆平と申します。


平素より南山大学男子ラクロス部の活動への理解、ご声援ありがとうございます。

皆様のご支援のもと、このような転々とする状況下でもラクロスをすることができています。


本当にありがとうございます。



「強い南山」


この言葉は3年前から部員1人1人が耳にしたことある言葉。心に刻んである言葉であると思う。


これまで3年間、先輩がフィールドで喜ぶ姿、嬉し涙、時には悔し涙を流す姿を見てきた。






自分は「強い南山」の一員となれているのか。


チームに必要なのか、足を引っ張っているだけの存在ではないのか。考えても答えが出ないことを考えていた時もあった。


誰もが周りから認められたいという想いを持っていると思う。少なくとも自分はその想いが強かった。


しかし、"努力"が足りず認めてもらえなかった。


今考えたらあの時の自分はカッコ悪かったと思う。大した練習量をこなさないくせ、自分より先を進んでいく同期に嫉妬をするだけ。

練習を休み、同期をはじめチームメイトへ迷惑をかけてしまったこと、今でも後悔している。


変わろうとした。

変わらなければずっと観客席で活躍する同期をただ見届けるだけ。あの時と同じように。





自粛期間、誰よりも変わろうとした。

上手い奴が当たり前のようにやってきたことを当たり前のようにやることができたと思う。


周りの先輩のおかげや努力させてもらえる環境に自分があったからでもあった。

朝早くに起きてトレーニングを淡々と一緒にこなしてくれる先輩。筋トレを一緒にしてくれる先輩。


常に高い熱量で上を目指す先輩の姿を見て自分も変わろうすることができた。







自粛後、先輩に褒められる機会が増えた。


「上手くなったね」と。


試合が近づくに連れ、自分の存在意義を見出すことができた。


"強い南山"の一員として。



さあ、最後の一年が始まる。


努力を怠ることは許されず、下を向かず上しか向くことはできない。


"覚悟"


新チームへの準備期間、飛び交った言葉の中で1番印象深い言葉である。


同期へ、もう一度問う。



"覚悟"はできているか?




後輩へ

時に、自分と同じように立ち止まってしまうことがあるかもしれない。その時は頼って欲しい。




拙い文でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。


改めまして、1年間よろしくお願いします。


副主将 小島隆平

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ