4年生引退ブログリレー-BLUEPRIDE- MG 錦織薫野

「4年間あっという間」

大学1年の春。誰に言われたのか、聞いたのか分かりませんが何故かこの言葉が記憶に残っています。






引退して2週間が経過。

実際本当にその言葉通りだったなあとしみじみ感じながら今、ブログを書き始めています。

当時の自分はまさか南山男子ラクロス部の一員として活動するなんて思ってもいませんでした。もちろん、この4年間が輝いた瞬間であり、有意義でかけがえのない時間だったことも全く想像できなかったと思います。





フラッと立ち寄ったラクロス部の花見で入部を決意したこと。

フィールド上の輝く先輩の姿を目に焼き付け、憧れを抱いたこと。

ビデオ撮影中あまりの寒さに全身の震えが止まらず先への不安が募ったこと。(撮影したビデオがブレてると怒られました)

マネジメントを学ぶべく必死に先輩の背中を追いかけたこと。

高校時代の怠惰さから部活に行ってることを信じてもらえず、婆ちゃんから毎朝8時に電話がかかってきたこと。

同期マネと比べて自分の仕事の出来が悪く焦燥感に駆られたこと。

大きな役や仕事を与えられ責任感と期待に押しつぶされたこと。

ぼそっと呟いた選手からの何気ないありがとうの一言で頑張ろうと思えたこと。

試合に負けて自分の無力さを痛感し悔し涙すら出なかったこと。

苦難を越えるためにプライドを捨て、自分自身1から見直したこと。

自身の不甲斐なさで生まれた以来に声を出して泣いたこと。

日中の猛暑で熱中症になりバイト中に鼻血が止まらなくなったこと。

部活の事を本気で考えたことで起こった周囲との衝突。

周囲との考え方や価値観の相違に心が折れたこと。

失敗で落ち込む自分を気にかけ声をかけてくれた同期の優しさを感じ、心が救われたこと。

自分の満足のいく効率の良いマネジメントができてこの上ない達成感を得たこと。

後輩の成長した姿を見て自分自身を奮い立たせたこと。

試合に勝利し気付けば嬉し涙を流していたこと。




〜(回想)〜














あの時あの瞬間の強い感情や意思。

それが4年間の自分を動かす原動力になっていました。その中にはもちろん楽しさだけではなく複雑な感情があって、苦しさや辛さもありました。

しかし、引退した今はこの経験が宝物で、自分の成長の糧になったと自信を持って言えると思います。当たり前じゃない恵まれた環境の中で自分が一生懸命になれること、それができる部活にいたことを誇らしく思います。






と、思い出話に花を咲かせると永遠に止まらなくなりそうなので自分の話はここまでにします。












最後に。

私が本当に伝えたかったメッセージが1つだけあります。










『どうかそのままでいてください』






これはそのままの意味です。

南山大学男子ラクロス部は、良い意味でも悪い意味でも、最高にワガママな集団だと思うんですよね。





上手くなる為とことんまで自分のプレーを研究し時間を惜しまず「努力」している人。先輩からのアドバイスを仰いだり、海外の動画を参考にベストなプレイを追求する人。後輩に熱心で丁寧な指導をする優しい人。無口だけど本当はものすごく考えて行動してる人。普段はふざけてばかりなのに、練習中は人が変わったかのようにオンオフの激しい人。むしろ練習に来てるのが珍しい人。スタッフが手直ししたゴールネットを次の日には破壊してる人。チームの良い雰囲気づくりを担う声出し担当の人。自主練でおろしたての新品ボールを無くす人。悩んでるけど人前では弱い姿を絶対に見せない人。うるさいぐらい太った痩せたと私の体重管理をしてくれる人。実は手一杯なのに何かあったら相談してねと言ってくれる頼もしい人。事前に共有事項が流れてる連絡網を全く見ずにすぐ聞きにくる人。練習中にめちゃくちゃ怒られてもめげずに頑張れる人。ラクロスが好きで内に秘めた「熱さ」を持ってる人。(など1人1人の顔が思い浮かんできます笑)












みんなの色んな姿を見てきました。

正直、部員全員が同じ1つの目標に向かって努力できていたらどれだけ楽だったでしょう。同じ志を持ち、互いに高め合えていたのならこんなことは言いません。


私はMGという立場ながら日常的に客観的にチームの状況を見る機会が多かった。だからこそ、ワガママさという悪い部分を含めた、みんなの良いところを沢山知ることができました。

上から目線かと思いますが私はそのままのワガママさを大切にしてほしいと思います。同期には社会に出てもその良さを活かし頑張ってほしい。後輩たちはその良さを追求して私たちが今年叶えられなかった「学生日本一」を目指して頑張ってほしい。そう願っています。

















ここまで長々と最後まで読んでくださった方々、本当にありがとうございます。自分は頭が悪くて言葉のセンスも皆無なので良い文章は書けませんでした。でもこの部活への想いの強さなら負けていないかと。









MGリーダー 錦織薫野

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ