FINAL vs名古屋大学

11月3日(日)、パロマ瑞穂北陸上競技場にて開催されました東海FINALの結果報告を致します。 【試合結果(南山-名古屋)】 1Q:2-2 2Q:3-1 3Q:1-1 4Q:1-1 TOTAL:7-5 win 相手は昨年FINAL4で敗退した相手の名古屋大学。 相手チームはここ数年は必ずFINALに進出している強豪校です。 しかし、南山は2年ぶりの瑞穂の舞台。 ベンチメンバーのほとんどが初めてのファイナルのベンチで、不安や緊張を抱え、FINALに挑みました。 

1Q、先制点を相手に取られましたが、 交互に点を取り合うシーソーゲームで、2-2イーブンの状態で終了。 2Qでは、追加点3点を決めました。 後半でも、相手に得点を許したり、2マンダウンの状況など、苦しい場面もありましたが、リードを保ったまま、7-5で試合終了の笛が鳴りました。 

2年ぶり、南山大学男子ラクロス部史上5回目の東海制覇を果たすこの瞬間を夢見て、 主将岡田を筆頭に、 部員一人一人が東海制覇への熱い気持ちを持って戦うことが出来たからこそ、 掴み取れた勝利です。 

更に、南山大学女子ラクロス部も東海制覇を果たし、4回目のアベック優勝も果たすことが出来ました。 南山ラクロスの歴史を刻む一日になったと思います。 また、創部当初の方から、昨年引退された15世代の先輩まで、 これまでの南山ラクロスを作り上げてきてくださったOBOGの方々 本当に沢山の方に応援に駆けつけていただきました。 皆様の大きな声援が、現役の力になりました。 この場を借りて、感謝申し上げます。

「最弱の世代」と言われ続けた16世代が率いる19南山で、東海制覇を果たすことを想像した人がいたでしょうか。 こうしてここまで来られたのは、みんなのおかげです。 本当にありがとう。 19南山の目標は「全学決勝進出」 これまでより一層、チーム一丸となって、戦おう。 まずは、2週間後の全学一回戦。 必ず勝って、港でも勝利の校歌を響かせよう。

最後になりましたが、 OBOGの皆様、いつも南山ラクロスを応援して下さる皆様、 引き続き、応援よろしくお願い致します。 【 全日本学生選手権一回戦 vs九州大学】 日時:11/16(土) 11:00FO 場所:港サッカー場 住所:名古屋市港区野跡4丁目11−12 4年MG 日比野文香 

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ