4年生ブログリレー MG 門田純奈

こんにちは、4年MGの門田純奈です。

毎年楽しみにしていた4年生のブログリレー、自分が書く番になったなんて本当に信じられません。

恐縮ながら私も自分の4年間について振り返えさせて頂きます。。。

お暇があれば読んでみてください。笑

1年生の頃、全国を目指しているラクロス部に憧れてこのチームに入ることを決心しました。私にとって12世代の存在はとても大きく、いつもキラキラしていた4年生を見て、このチームの一員になれたことがすごく嬉しかったのを覚えています。じゅんさんやだいきさんや4年生には部活の組織のこと、日本一を目指すということ、色んなお話をたくさん聞いて1年生ながらにとてもワクワクし、毎日がすごく楽しく、キラキラしていました。

特にひかりさん、いつも私たちの近くで色んなことを語ってくれて教えてくれて、優しさと厳しさを持ち、時にはチームを支え、時にはチームを引っ張って行くひかりさんを近くで見させてもらい、ひかりさんのようなスタッフになりたいという気持ちは4年間ずっと今も変わりません。ひかりさんを追い抜きたいという気持ちでずっとやってきました。

2年、3年になると自分の気持ちの変化もあり、いつのまにかただ先輩についていく後輩の1人になっていました。 色んなことが見えてきて、逆に見えなくなって、この部活の魅力もわからなくなり、周りの人達にはたくさん迷惑をかけました。 1個上のあすかさん、みことさんにはすごく迷惑をかけました。それでも気にかけてくれた先輩、同期、後輩には本当に感謝しています。

4年生になってからは、3年生までとまた違った「責任感」が出て来るようになりました。 先輩達が築きあげてきた南山を引き継いでいくということが私にはとても重荷で正直背負いたくないと思いました。 だけど、打倒関東したいし、南山を背負ったからにはやるしかないし、逃げられないし、自分にはやる責任があると思います。

MGリーダーとしては、この1年間は自分が今やるべきこと、やれることを考えやってきました。 私はプレーヤーにおんぶ、抱っこ、最後は結局プレーヤーというのは絶対に嫌です。 チームの一員だからこそ何があっても最後までやり抜きたいです。 貢献してるしていないを考えるよりも誰かに認められる存在意義を得ようとするよりも、ただひたすら目標にむけて努力する方が何倍も楽しいです。

マネージャーが事務的業務をするのは、最良の練習環境を準備するのは、プレーヤーが練習するのと同じくらい当たり前だと思っています。それ以外で何か1つでも多くやれることをやるだけです。 他の大学がやっているものはできて当たり前、他大学よりも何か一つでも南山の強みがほしいです。 私は意外と負けず嫌いで、武者修行にいくたびに他の大学のスタッフは本当にすごい人がいると実感させられたと同時に、同じ学生、同じ4年生、同じスタッフとして絶対に負けたくないと思いました。 この1年間としか言えないのが私の最大の後悔で、中途半端になってしまったものもたくさんあります。ダメダメな部分も本当にたくさんあります。飛び抜けて何かできるとかもありません。でも何か1つだけ負けないと言えるものがあるとすれば、この1年間スタッフとして部活に費やした「時間」だけは他のスタッフに負けない自信があります。時間をただ費やせばいいとは全く思いませんが、私はバイトもせず授業にも行かず時間だけは有り余っていたので。笑

私の同期スタッフは本当に頑張り屋さんで、この部活をいつも良くしようともがく姿は最高にかっこいいし、2人と一緒に4年間やってこれたことが本当に最高です。

自分の信念を貫き通す強い気持ちと後輩を思いやる優しさを持っているなこちゃん、 常に周りを見てみんなを気にかけ、誰よりも周りを大切にし、本当は誰よりも熱い思いを持つかこちゃん、

2人はいつも純奈が頑張ってるのを見て頑張れると言ってくれるけどいつも背中を押されているのは私の方で、2人がいなかったらこんなに素敵な熱い4年間を過ごすことはできませんでした。本当にありがとう。

後輩スタッフには今年たくさん迷惑をかけました。 間違ったことをすれば自然とフォローをしてくれて、大変なことも嫌なこともあったのについてきてくれて、助けてくれて、一緒に頑張ってくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。

私たちが気づかないようなところにも気を配ってくれて、大変な時は助けてくれて、1人1人違った優しさや強さを持つやる気に満ち溢れているスタッフたちです。

3年生とは3年間というすごく長い間ずっと近くで一緒にスタッフをしてきました。本当に何回助けられたかわかりません。みんなの頑張る姿にいつも支えられ、心の底からみんなのことを尊敬しています。

2年生と深く関われたのはこの1年で、みんなの熱い想いを聞くたびにワクワクして、本当に素敵なスタッフたちだと思います。特にMG、厳しいことも言ったかもしれません。でもみんなが何か出来るようになったり、日本一を目指したいという言葉を聞くだけでとても嬉しかったです。

1年生、入部当初からすごいやる気で、みるみる色んなことが出来るようになって、このままずっとそのやる気と元気で日本一を目指し続けて欲しいです。もっともっと日本一を目指す楽しさを知って欲しいです。

私にとってみんなは本当に本当に大切な存在です。 みんなと一緒にスタッフをやってこれたこと本当に誇りに思います。

私たち南山のスタッフの強みは、悩みながらも常にチームのために頑張ろうと一生懸命努力する後輩たちがいてくれるということだと私は思います。 こんな素敵な後輩、同期スタッフがこのチームについてるんだから負ける気がしません。

打倒関東するのにスタッフの成長は絶対に欠かせません。打倒関東までもう少し、私もまだまだ成長したい、一緒にまだまだ南山のスタッフとしてみんなでよりチームを良くしていきたい、私たちはまだまだやれます。まだまだ一緒にみんなと南山のスタッフでいさせてください。

スタッフはみんな言うけれど、 試合開始の笛と同時に始まるフェイスオフ、 混戦の中で華麗にボール拾う瞬間、 相手からボールを奪う瞬間、 力強くショットする瞬間、 ドキドキしながらもいつもボールを止めてくれるゴーリー、 ベンチから大きな声で盛り上げるプレーヤー テキパキと動きみんなをリードするスタッフ、 真剣にチームと向き合ってくれるコーチの方々、 フィールド外から大声でたくさん応援してくれるBチームと1年生、OBの方々、

本当に涙が出そうになるほどキラキラと輝いて見えるのです。

そんな瞬間を見るのが大好きです。

何より勝った瞬間はいつも面倒くさいとかぶつぶつ文句を言いながらもやっている業務とか、すべて忘れてしまうくらい本当に最高の瞬間です。そんな瞬間をずっと見ていたいです。

日曜日に行われるはずだった試合が台風で延期になり、南山にとって最後の予選リーグであり、ファイナル4出場をかけた試合が今週行われます。

打倒関東への一歩、やっと進み始めます。

恥ずかしながら、長々と語ってきてしまいましたが今一番思うのはとにかく「勝ちたい」それだけです。それ以外ありません。

4年生、いったん、今までのことを忘れて今からできる自分の最大限の力を発揮して、みんなでこのチームを勝ちに導きたいです。 なんだかんだ、私は同期が大好きです。 みんなが1年の時から頑張ってきたのを私は知っています。私たちの主将、聖は日本一だと断言できます。そんな主将を持つ私たちなら絶対にできます。

いつも頑張ってくれる後輩には本当にたくさん助けられました。ありがとう。Aチーム、Bチーム、1年生関係なく試合で活躍する姿を見たり、他の人から褒められた話を聞くと自分のことように素直に嬉しくなります。まだまだ一緒に頑張りたいです。まだまだ私たちに力を貸してください。

全員で最高の瞬間を自分たちの力で掴みとろう。

絶対に勝とう。

最後となりましたが、このチームは本当にいつもたくさんの方々に支えられています。仕事がありながらもいつも応援にかけつけてくれたり、いつもご支援くださるOBの皆様やみんな迷惑ばかりかけているであろう保護者の皆様、試合をいつも円滑に運営してくださるラクロス協会や審判部の皆様、いつも練習に参加しアドバイスをくれたり、クリニック開いてくださる社会人の方々、本当にありがとうございます。皆様に私たちが必ず勝ちをプレゼントします。

どうかこれからも南山を、応援よろしくお願い致します。

4年 MG 門田純奈

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ