幹部挨拶 MGリーダー 門田純奈

今年度マネージャーリーダーを務めさせていただきます、門田純奈です。

OBOGの方々、皆さま、この場を借りて挨拶させていただきます。 南山男子ラクロス部をいつも応援していただきありがとうございます。 南山が成長出来ることも強い南山でいれることも皆さまのご支援あってだと日々実感しています。 いきなりですが、私が新チームミーティングで言ったのは「東海制覇」という目標。 今まで高い目標に向けて頑張ってきた先輩方、 それでもあと一歩目標に届かない関東という高い壁、今までの先輩方の努力を見てきたからこそ生半可な覚悟では打倒関東を掲げてはいけない。

私が打倒関東を掲げられなかったのは、どの大学よりもどのマネージャーよりも努力する覚悟を持てなかったから。 そんな私の気持ちが大きく変わったのは、私たちの主将、聖の言葉。 「俺は出来ないかもしれないからって打倒関東を諦めたくない。努力することを最初から諦めたくない。」 そう言って同期もチームも引っ張っていこうとする聖を見て、最初から努力することを諦めようとしていた自分が恥ずかしくて、聖についていきたい、みんなで一緒に頑張りたいと本気で思った。 目標を打倒関東と決めてからこれまでたった少しの時間だけど大変で嫌なこともあるけど、すごく楽しくて、一年間このチームで楽しい時間を過ごしたいと思った。 打倒関東という目標を掲げてみれば、私もまだ根拠はないけど全員頑張れば関東に勝てると本気で思う。 私は同期も後輩も本当に大好きで、 みんな言うけど私の同期は本当にいい人達で、

同期は私の誇り。

だからこそ頑張ってる同期を私は支えたいし、一緒についていきたい。

後輩もアフターしたりやる気に満ち溢れていてかっこいい後輩で、

新2年生も新3年生も可能性に満ち溢れてる素敵な代。 だからみんなで勝ってみんなで喜びたい。

私がマネージャーリーダーになったのは私の学年にマネージャーが私しかいないから。 周りからはリーダーっぽくないと言われることもある。確かに語彙力もないし、焦れば態度にでるし、怖くもないし、口だけ人間だし、ネガティブだし、リーダー格でもない。言い出したらきりがない。 でも私は自分の性格を言い訳にはしたくない。 マネージャーとして性格を言い訳に妥協するわけにはいかない。 最高学年として当たり前なことだけど、 マネージャーリーダーになったからには絶対にマネージャーを、スタッフを引っ張っていきたい。 今までの先輩スタッフが残してくれたスタッフの土台、MG・TRの土台、審判の土台、絶対に私たちで終わらせるわけにはいかない、もっと良いものにしなければいけない。 私が先輩から教わったのは目標に向けて努力する楽しさ。 後輩にチームのために努力する楽しさを教えてあげたい。絶対に楽しい1年にしたい。 そしてその楽しさが今後の南山に繋がればいい。

だからスタッフ全員同じ目標にむけてみんなで頑張りたい。 まだまだ18南山は始まったばかり、 来年は必ず駒陸の舞台に。 このチームで日本一に。 このチームで頑張りたい。 このチームで頑張る覚悟が私にはある。 ここから一年、それ以降も南山をどうかよろしくお願いします。 新4年 MG 門田純奈

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ