4年生ブログリレー 主将#16 前田裕也

東海ファイナルまであと1日。

気付けばここまでやってきた。

ちょうど一年前、新チームがスタートして、自分達の代の目標をどうするか、どんなチームにしていくかを同期と毎日のようにミーティングしていたのが、つい最近のことのように感じる。

『継続して強い南山の土台を作る』

これが今年一年、俺たちが決めて、俺が主将として、一番に考えてきたことだった。

そのために今年、何が必要なのか。自分なりにいろいろと考えた。

必ず結果を出す。

これが自分の答えだった。

もちろん結果が全てではなく、その過程が大事だということは分かっている。

まだ目標を成し遂げていない今でも、みんなの成長を感じるし、今年の取り組みに意味はあったと思える。

それでも、今年は結果にこだわりたい。

4年生として、最後は勝って、同期と最高の形で引退したい。もちろんそういう想いもある。

でもそれと同じくらい、ファイナルで勝った瞬間の喜び、全日に出場する緊張感とワクワク感、そして今年はそこで関東に勝ち、駒陸に立つ喜びを、後輩達に感じてほしいという想いがある。

俺は2年前、先輩達と一緒に全国の舞台に立てたことが、今まで努力してこられたモチベーションになっていた。

部活動をしていれば、辛いこともたくさんあると思う。

俺だってこの4年間、悔しい思いをたくさんしてきたし、自分でもひくほど泣いたこともあった。

だけど、そんなの全部乗り越えられるぐらい、

一昨年感じた想いをもう一度味わいたい。

そして、さらに上の舞台へ進んでみたい。

この想いが強くある。

それほどまでに、俺にとって一昨年の経験は最高だった。

だから今年、後輩達にもこの想いを感じてもらいたい。

そして、その想いを更に下の後輩に引き継いでいってほしい。

そうしていくことが『継続して強い南山』を作っていくことに繋がると、俺は思ってるから。

だから今年はなんとしても、明日のファイナル、関東との全日に勝って、目標を達成したい。

ベンチメンバーとして、どんなに厳しくされても俺たちに必死について来てくれた後輩達に、

スタンドで力一杯応援して、フィールドのメンバーに力をくれる後輩達に、

目標達成という、最高の瞬間を見せてあげたい。

それが俺たちが作れる最高の『継続して強い南山の土台』だから。

そのために、

4年生

当たり前かもしれないけど、俺たちが一番頑張ろう。

どの学年よりも泥臭く、勝ちにこだわろう。

どの学年よりもラクロスを楽しもう。

姿勢で、後輩達に魅せよう。

俺は同期でやるラクロスが一番好きでした。

まだまだこのメンバーでラクロスをしていたい。

勝って、勝って、少しでも長くみんなでラクロスしよう。

後輩達

俺たちの目標達成の瞬間を見せてあげたいと言いながら、それは4年生だけでできるものではなくて、みんなの力が必要です。

それは、ベンチメンバーもスタンドも、プレイヤーもスタッフも関係なく、みんな。

みんなが練習中に、試合中に懸命に頑張っている姿が、4年生に力をくれます。

あと少しの間だけ、俺たちに力を貸してください。

17南山全員が、力を合わせて闘おう。

そして明日の東海ファイナル、みんなで勝って、東海制覇して、最高の校歌を歌おう。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事