新入生ブログリレー -BLAST- 西崎実夏

平素より南山大学男子ラクロス部へのご支援ありがとうございます。

今年度マネージャーとして入部いたしました、西崎実夏です。

私は高校時代に、水泳部のマネージャーを務めておりました。その際にプレーヤーを支える仕事のやりがいに惹きつけられました。

大学生になりサークルに所属するか迷った時期もありましたが、強いチームでプレーヤーを支えたい、そして日本一になりたいと考え男子ラクロス部に入部することを決意しました。

私には理想とするスタッフ像、いや、物があります。それはセンターラインです。

おそらく今このブログを読んでいる半数以上の方は頭の中でハテナマークが浮かんでいると思います。

センターラインとは道路に真ん中に引かれている、進行方向を分離するための線です。

皆さん、センターラインを意識して生活したことありますか?おそらくないですよね。

ですがセンターラインによって進行方向が違う車との接触が防がれています。もし消えてしまえば交通事故にまで発展する重要な役割をもっています。

私も部活において、存在感は薄くとも無くてはならない存在になりたいと考えます。

またセンターラインのように、選手が間違った道を歩みそうになった時には正せる存在になりたいと考えます。

以前友人に、何故そこまで部活に熱が入るのかと尋ねられたことがあります。それは日本一になれる可能性があるからです。中学、高校とお世辞にも強いとはいえない部活に所属していた私にとってはこの環境が新鮮で、また、興奮します。

この恵まれた環境に感謝し、素晴らしい部員と共に日本一を目指して励んでいきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

最新記事

アーカイブ