新入生ブログリレー -BLAST- 岡田向日葵

日頃より南山大学男子ラクロス部を応援していただきありがとうございます。


今年度から1年マネージャーとして入部させていただきました岡田向日葵です。


ラクロスへの熱意や素晴らしさなどはプレーヤー一同にたくさん語ってもらったため私からは1スタッフ・1マネージャーからの視点で書かせていただこうと思います。


私が男子ラクロス部への入部を決意した理由はズバリ"高い目標と場の温かさ"です。選手はもちろんのことスタッフ含め部員全員が高い目標に向けて全力で活動されている姿、そして周りのことを気遣える優しさも兼ね備えている先輩方が作る場の温かさにとても惹かれ私もこうなりたいと思い入部しようと決めました。


私は入部した日からずっと他のスタッフよりも実力・精神面において完全に足りていないと自覚しています。その足りない分を補うことが現段階でのマネージャーとしての目標です。追い抜いたり追い越したりすることはできないかもしれないけれど、みんなと同じ立ち位置まで4年かけてでも追いつけるように、引退する時に私でも少しは役に立てたと思えるようにマネージャーとして熱意を持って活動していきたいと強く思っています。

正直周りの人には、とてもハードな学生生活になるから入部を辞めた方がいいよと言われました。でもそんな声を振り切ってでも入ろうと決意し、実際入って毎日頑張ろうと思えているのはなぜかと考えました。それは後悔しない選択をしたかったからです。私は大学に入学するまで"挑戦"を躊躇して後々後悔することが山ほどありました。でもやらない後悔よりやった後悔の方が断然良いし、やりきったなら後悔はないと思います。だから私は"挑戦"を選択し、その結果日本一を目指すチームをサポートできる環境に立たせていただき、とても充実した毎日を過ごしています。こんな環境はそうそうないし、とても素晴らしい恵まれた環境だなと感じています。この環境に感謝し、微力ながらも自分なりの最大限の努力でチームの支えになれたらなと思っています。


長々と書いてしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。


今後とも南山大学男子ラクロス部を応援していただけたら幸いです。

最新記事

アーカイブ