新入生ブログリレー -BLAST- 仁科友香

平素より南山大学男子ラクロス部へのご支援ありがとうございます。

今年度トレーナーとして入部いたしました、仁科友香です。


私は高校まで女子サッカーで選手として全国を目指していました!大学では部活動はやらないと決めていたのですが、気になっていたパスキャ体験に行った所、先輩方に「入って欲しい!」と声をかけられたり、先輩方の熱い思いを聞いて、ラクロスかっこいい!ここで役に立ちたい!頑張りたい!と思いました。また、新歓試合もとても面白くて魅了され、ラクロス部の温かい雰囲気にとても惹かれたため、入部を決めました!


私の目指すスタッフ像は、「チームの向上の為、勝利の為に、自分にも人にも厳しいスタッフ」です!

今はまだ、日々の練習の中でも、チームの為よりも自分の為にやっている事が多いと感じています。優しい言葉をかける事、甘やかす事ばかりが、チームの為、選手の為になるとは限りません。なのでチーム、仲間の為に動く為には、まず自分の事をしっかりやる。そこから周りをよく見て、他の人に教えたり、意見を言ったり、チーム、仲間の為を思うからこそ、選手にもスタッフにも、厳しく言い合い、高め合えるようなスタッフになりたいと考えています!


始めは、日本一を目指すためにスタッフは何を頑張ればいいのか分かりませんでした。自主練を頑張る同期のプレイヤーを見て、「同期をもっと強くしたい!チームに貢献したい!」という気持ちは高まるものの、自分がスタッフとして何をしたらチームに貢献できるのか分かりませんでした。しかし、日々の練習、試合、先輩との勉強会を重ねるごとに、スタッフの頑張りが選手のレベルアップにも繋がり、練習の質の向上にも繋がる事が分かり、スタッフの頑張りがチームを日本一にすることに繋がるんだ!ということに気づき、やりがいも感じています!

始めは失敗ばかりで、スコアをうまく取れなかったり、練習を思うように進められなくて落ち込むこともありますが、他のスタッフの頑張りや、同期、先輩プレイヤーのラクロスに対して真摯に向き合う姿を見て、私も頑張ろう!もっと成長しよう!と目標を見失わずに活動ができています!

これからも、スタッフの日々の取り組みが、チームを日本一に近づかせている事を感じながら、選手の頑張りを見て、私も頑張れたように、スタッフの頑張りを見て、選手にも頑張ろうと思ってもらえるようなスタッフを目指し、日々向上心を持って、「日本一のスタッフ、日本一のチーム」を目指します!


最後までお読みいただきありがとうございました。




最新記事

アーカイブ