【引退ブログリレー】-BLUE PRIDE- #4 森祐人

南山大学男子ラクロス部 背番号4番 森祐人と申します。

 

前置きなく、本題に入ることお許しください。

 

 

恥ずかしながら、感謝を伝える場にさせていただきたい。

かの甲子園番組のようなラストミーティングなる場にあっても、直接感謝を伝えることができなかったであろう。それほどまでに青臭い息子で申し訳ない。

 

今年は「保護者LINE」が始まり、試合結果や動画、写真で活動を報告できるようになった。

運営をしてくれたスタッフのみんな、本当にありがとう。

 


感謝を言葉で表すのはとても照れくさい、難しい。

だからこそ、LINEは会話のきっかけになった。

 

「次の試合来る?」

「行くつもり」

 

これだけで自然と力が入る。

 

有観客試合3回のうち2回応援に来てくれた。プレーを見てどう思ったかはわからない。

 

10月9日、FINALで敗戦した。

 


家に帰ると、

 

「会場に向かう途中、東北まで行こうか話してた。」と言われた。

 

自分やラクロス部を応援してくれていた。このためにラクロスしていた。そう思った。

 

小学校で野球を始め、中学でも続けた。

試合に来ることや、アドバイス?をされることが本当に嫌だった。

 

大学でも同じような感覚で過ごしてきた。

 

金銭面、栄養面、さまざまなサポートをしてもらった。

当たり前じゃないことを、当たり前のように過ごしてきた。

 

大学4年になって初めて、支えられている、応援されていると感じた。

鈍い自分が本当に情けない。

だからこそ、両親が試合を見に来てくれることがやりがいだった。


 

これまでスポーツを不自由なくさせてくれてありがとう。

いい仲間に出会えました、経験ができました。

 

 

 

最後に

 

南山大学男子ラクロス部に関わっていただいている皆様

 

FINALで、応援スタンドがいっぱいになっていた景色、忘れません。

 


皆様が日頃より弊部の活動に目をかけていただき、応援してくださっていることを強く実感いたしました。

今後とも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

#4 森祐人

最新記事

アーカイブ