【kickoffブログリレー-RISE-】TRリーダー 小野木菜織

こんにちは

今年度TRリーダーを務めます、小野木菜織です。


日頃より、南山大学男子ラクロス部に関わってくださる皆様、いつも本当にありがとうございます。今年度もどうぞよろしくお願い致します。






私が男子ラクロス部に入ったきっかけは男子ラクロス部が日本一を目指していたからです。


私は小学校から10年間バレーボール部でプレイヤーとして部活をしてきました。スポ少で、県大会優勝を目標とし本気で努力する毎日は、本当に楽しくて充実していました。


しかし中学高校に上がるにつれ伝統として強い学校が存在するようになりました。進学校では部活につぎ込む時間も自分の努力量も全く違い、スポーツ科のある私立高校や商業高校に絶対に勝てないと思いながらする部活はもうしたくないと思いました。




入学後メインストリートで、あかねさんに一緒に日本一を目指そうと言われたときとてもわくわくしました。自分の努力次第で本気で日本一を目指せる部活に入れたことがとても嬉しいです。スタッフとしてプレイヤーを支えるために、というよりは自分が勝ちたくてこの部活に入りました。




そこで今年度私が目標とするTR組織は、「勝ちにこだわるTR組織」です。

スタッフは試合で直接点を取ったり、相手の素早いショットを止めたりすることは出来ませんが、それでもプレイヤーと同じくらいTR全員で、勝つというところにこだわりたいです。



今まで同様怪我対応やテーピングはもちろん、他にも南山のプレイヤー、南山というチームが強くなるために何でもしたいと思います。

今年新しく始めたフィジカル班での増量や、筋トレ、日々のポジ別タイトレなどの活動を充実させることでも、南山が強くなれると信じています。また、南山がチームとしてどの試合でも100%の力を出せるように怪我でプレイヤーが離脱することのないように怪我の予防にも力を入れていきたいです。




私の同期は、みんな本当に意志が強くてかっこいいです。


ずっとラクロスのことを考えていて日本代表に選ばれる同期、

半年以上怪我で離脱してもずっと努力し続けて復帰し活躍する同期、

スタッフ組織に新しいシステムを取り入れチームのために覚悟を決めて審判にも力を入れる同期


いつも、ちゃんと同期みんなが強くてかっこいいなと思っています。




後輩達も、みんな日に日に成長し続けていていつも刺激をもらっています。

ナイターで社会人に褒められるプレイヤー、怪我をしても次の日にはそれ以外の場所を鍛えるメニューを聞いてきて少しでも強くなろうとするプレイヤー、練習後も集まってフットワークや壁当てをするプレイヤー、いつもみんなの頑張りを見て誇らしく、嬉しい気持ちになります。



スタッフも、最上級が2人しかいないせいでたくさんの仕事を任せてしまっていますがいつも期待以上の仕事をしてくれたり、新しいフィジカルの取り組みをはじめても一緒にたくさん勉強してプレイヤーに還元してくれたり、本来の仕事もたくさんあって忙しいのに家などの時間を使って色々なSNSを盛り上げてくれたり、今年のスタッフは全学年本当にやる気と主体性に満ちあふれていて、たくさんの可能性にわくわくしています。





今の南山は確かにとても「強い」とは言えないですが、個々のやる気や可能性はとても大きいです。

今いる全員が本当にこの1年間目標に向かって努力し続けたら、これから先もずっと高い目標を目指していける強い南山を作れると思います。

プレイヤー全員が1年後に持っている力を100%出し切れたら絶対に絶対にどのチームにも勝てると思います。




そのためにTRとして出来ることはなんでもするし、時には厳しくあろうと思います。






みんなと関東を倒してまだ見たことのない景色を一緒に見たいです!



小野木菜織

最新記事

アーカイブ