【kickoffブログリレー-RISE-】 副主将 八代亜慧

平素より南山男子ラクロス部を応援してくださるOBOG、保護者、学校関係者の皆様、日頃から私たちを支えてくださりありがとうございます。



今年度、副主将兼FOリーダーを務めさせていただきます八代亜慧です。 



リーグ戦FINAL4vs名大

誰もが悔しい思いをした。同時にこのままではダメだとも思った。勝利にもっと貪欲にならなければ、強い南山を再興するためには今まで以上にラクロスに、自分に向き合って悔し涙を流さないように努力しなければいけないと痛感した。



代々受け継がれてきた『強い南山を創る』というチーム理念。これに対して1人1人が強さの1ピースになるためにどのように努力するか、これが来年の結果に結び付くかの重要な鍵になってくると思います。




強さとはラクロスの技術だけでなく自分の日頃の行動ひとつひとつをとっても他の模範となれているかである。


『当たり前を当たり前にする』『主体性のある選手』これが今年のチームの軸になっている考え方である。ゴミを拾ったり練習中に発言したり、できているようでできていない課題である。この考え方は今年度で終わるのではく当たり前の基準を上げる第一歩として、今後強い南山を創るためにも自分たちの行動を見つめ直して欲しい。



『人生山あり谷あり』ラクロスを始めて1番実感していることである。うまくいっている時もあればうまくいかない時もある。



しかしみんなには忘れないで欲しいことがある。


練習しても上達しない、モチベーションが下がってやる気が出ない、そんな壁にぶち当たった時目の前は真っ暗になってしまう。



否。



それは壁しか見てないから暗くしか見えない。もっと周りを見渡せば壁を一緒に破ってくれる仲間がたくさんいることを忘れないで欲しい。自分でやることも大切だけど困ったら周りに頼るのも大切。身近な同期を信じろ!ラクロス部を信じろ!絶対助けてくれます。




それだけ南山男子ラクロス部には熱い人たちが揃っていると確信している。



『RISE』



1歩1歩確実に登り続ければ絶対に頂上に辿り着ける。東海も関東も倒して全員で最高の景色を見よう!



副主将 八代亜慧

最新記事

アーカイブ